フリーランスで起業・独立するには何が必要?準備や仕事の取り方・注意点を解説!

フリーランスとして起業&独立するには

フリーランスで起業・独立するには何が必要?準備や仕事の取り方・注意点を解説!

会社を辞めて起業したい!独立してフリーランスになりたい!でも、実際、どうやって起業すればいいの?

そんな疑問をお持ちの方も多いです。

そこで本記事では、「フリーランスとしての起業・独立」について、以下の点をご紹介します。

  • フリーランスとして起業・独立するためには何が必要?
  • 起業・独立するためのスキルを身につけるにはどうする?
  • 起業・独立後に稼ぐためには、どうやって仕事を取る?
  • 起業・独立で失敗しないためにはどうしたら良い?

記事を読むと、上記のことを簡単に解決できます。ぜひ、ご覧ください。

目次

フリーランスとして起業・独立するための準備・必要な4つのもの

フリーランスとして起業・独立するためには、次の4つのものが必要です。

  1. スキル・実力
  2. 資金
  3. 営業力
  4. 人間関係

それぞれについて、以下で説明していきます。

【フリーランスの起業・独立に必要なもの1】スキル・実力

フリーランスとして起業するということは、サラリーマンのように、会社の評判や実績で仕事を受注することはできません。仕事をもらうためには、スキル・実力が必須です。

必要な能力は、業種・職種により様々です。例を挙げると、下記のようなスキルがあります。

  • エンジニア:プログラミングの技術
  • ライター:ライティング能力・SEOの知識
  • デザイナー:デザイン力・画像処理ソフトを扱う能力

【フリーランスの起業・独立に必要なもの2】資金

起業・独立するためには、資金も必要です。資金の用途は、大きく分けると下記の2つがあります。

  1. 独立後の生活費
  2. 起業・独立にかかる資金

独立後の生活費(必要資金・貯金)

会社員を辞めると、当然ながら、毎月の給料はもらえません。

起業後1か月目から稼げれば、生活費の心配は不要ですが、なかなか軌道に乗らないケースもあります。また、受注から入金までの期間が長くなる可能性もあります。

そのため、独立後の生活費は、起業前にある程度蓄えておくのが望ましいです。

必要な金額は、家族の有無やライフスタイルにもよります。ただ、実際に起業・独立している人からは、「1年分の生活費を貯蓄してから会社を辞めた」という声が多いです。

起業・独立にかかる資金(必要資金・貯金)

事業形態によっては、独立する際にお金がかかる場合もあります。

たとえば、以下のような資金です。

  • 実店舗の契約料・家賃・改装費用
  • 材料・商品の仕入れ
  • 機械・システム等の設備費用
  • 業者等の登録費用
  • 会社設立費用

実店舗が必要な飲食店や、仕入れがある雑貨屋などは、お金がかかります。どれだけの金額が必要かは、業種により、かなり異なります。

たとえば、飲食店やカフェなら、100万円以上~1000万円程度が目安です。ただし、上限金額は、お店の規模や場所によります。

一方で、Webライターやエンジニア、Webデザイナーなど、在宅で完結する職業は、初期費用がほぼ0円で始められる場合もあります。ただし、PCやソフト、ネット回線は必要です。

【フリーランスの起業・独立に必要なもの3】営業力

フリーランスが、会社の看板なしに仕事を受注するためには、営業力が欠かせません。

以下のような場面で、営業力・交渉力がカギを握ります。

  • 自分の強みやスキルをアピール
  • 作業範囲や条件の交渉
  • 価格の交渉

発注者にとっては「依頼内容と発注金額に対して、求めたレベル以上の仕上がりになるか」が重要なポイントです。そのため、フリーランスは自分の強みやスキルを知ってもらわなければ、仕事を受注できません。

また、作業範囲や条件、価格の交渉も重要です。

発注者が、実際にかかる作業時間を把握していないことは、めずらしくありません。そのため、受注者に不利な条件を提示されたり、後から依頼内容を追加されたりすることもあります。

その場合は「その作業には、これだけの時間が必要」と提示して、作業範囲を調整したり、価格アップの交渉をしましょう。

【フリーランスの起業・独立に必要なもの4】人間関係

フリーランスとして続けていくためには、人間関係の構築も必要です。いわゆる、コミュニケーション能力です。

Web上で完結する仕事の場合、人間関係など必要ないように思われるかもしれません。しかし、実際には人と人のやり取りで成立するため、コミュニケーションは非常に重要です。

どんなに仕事ができても、コミュニケーションが原因で契約が打ち切りになることがあるのは事実です。また逆に、人間関係に恵まれたおかげで、仕事の受注が増える人もいます。

フリーランスとして起業・独立するためのスキルをつける4つの方法

フリーランスとして起業・独立するためのスキルをつける4つの方法

フリーランスの起業・独立には、スキルが必要なことを前述しました。では、そのスキルや実力をつけるには、どうすればよいでしょうか?

具体的には、スキルの身につけ方は、次の4つの方法があります。

  1. 現在の仕事でスキルを磨く
  2. 独立したい分野に転職して経験を積む
  3. 副業で経験を積む
  4. スクール・セミナーに通う

それぞれの方法について、以下で紹介いたします。

【フリーランスの起業・独立のスキル獲得方法1】現在の仕事でスキルを磨く

実力のつけ方として、まず挙げられるのは、現在の職場で腕を磨くことです。

つまり、まったく別のジャンルで起業するのではなく、今の仕事内容を活かせる分野で独立するのです。給料をもらいながら、仕事も覚えられるので、リスクが少ないことがメリットです。

【フリーランスの起業・独立のスキル獲得方法2】独立したい分野に転職して経験を積む

現在の仕事とは別の分野で起業したい場合、まずはそのジャンルに転職する方法もあります。

会社を辞めていきなり起業するのではなく、転職先でその業種の知識やスキルをつけるのです。実際に働いてみないとわからない、細かい作業内容やトラブル対処なども経験できます。

その分野で起業するための課題も見つかり、独立するための道筋が、より具体的になるでしょう。

【フリーランスの起業・独立のスキル獲得方法3】副業で経験を積む

現在の勤務先で働きながら、まずは副業で始めてみるのも方法の1つです。この場合、今の仕事とはまったく異なるジャンルでも、挑戦することは可能。

本業の収入を維持しながら、その分野を実際に体験できるのは大きなメリットです。

また、副業なので、どれだけ時間を割くかというスケジュール組みも自由。本業の忙しさに合わせて、自分で調整が可能です。

副業での仕事の取り方は、本記事内の「フリーランスとして起業・独立後の仕事の取り方・営業方法」を参考にしてみてください。

【フリーランスの起業・独立のスキル獲得方法4】スクール・セミナーに通う

勤務先や転職先で、必要なスキルを習得できない場合は、スクールやセミナーに通うのも選択肢の1つです。

たとえば、以下のようなスクールや講座があります。

  • プログラミング
  • Webデザイナー
  • Webライティング
  • インストラクター養成

実際に学校に通うものもありますし、オンライン上だけで授業を受けられる場合もあります。

また、費用は、主催者や講師により様々です。たとえば、プログラミングスクールの場合、安い講座なら10万円以下、高いものになると40万円程度かかります。

通いやすさや予算、受講者の評判などから決めると良いでしょう。

スクールについては、他のページで詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

フリーランスとして起業・独立後の仕事の取り方・5つの営業方法

フリーランスとして起業・独立後の仕事の取り方・5つの営業方法

フリーランスとして起業・独立したら、仕事を受注しなければ、稼げません。

フリーランスの仕事の取り方・営業方法には、次の5つがあります。

  1. 現在の取引先から仕事をもらう
  2. 現在の勤務先から委託で仕事を受ける
  3. 友人・知人から紹介してもらう
  4. クラウドソーシングで探す
  5. Web・ブログ・SNSで受注する

それぞれの方法について、以下で解説していきます。

【フリーランスの起業・独立後の仕事の取り方1】現在の取引先から仕事をもらう

営業方法として、まず挙げられるのは、今の勤務先の取引業者から依頼を受ける方法。これは、現在と同じ仕事内容で独立する場合に有効な手段です。

今まで受注してきた経験を、そのまま活かせるのがメリットです。また、取引先との人間関係ができているので、やり取りもスムーズ。

【フリーランスの起業・独立後の仕事の取り方2】現在の勤務先から委託で仕事を受ける

現在と同じ仕事内容で独立する場合、今の勤務先から仕事を受けるのも選択肢の1つ。今まで社員として行っていた業務を、取引相手として受注するのです。

この方法のメリットは、作業内容が従来と同じで要領を得ていること。

また、社員ならありえる理不尽なサービス残業もありません。委託なら、作業量が増える場合は、報酬金額の追加交渉も行えます。

デメリットは、何かミスがあった場合に、今までは会社の責任だったことも、すべて自分の責任になる点です。

【フリーランスの起業・独立後の仕事の取り方3】友人・知人から紹介してもらう

取引先や現在の勤務先からは受注できない場合、友人・知人から紹介してもらうのも良い方法です。

本記事内で「起業・独立には人間関係が必要」と前述したとおりです。人間関係に恵まれれば、そこから仕事をもらえる可能性があります。

そのためには、古くからの友人関係に固執するのではなく、独立したい分野での知人を増やしましょう。

新しいジャンルでの知人の増やし方としては、以下の方法があります。

  • オンラインサロン・コミュニティに入る
  • セミナー・講座を受講する
  • そのジャンルのイベントに参加する
  • その分野の人が集まる飲食店へ行く

オンラインサロンは、ネット上でやり取りでき、気軽に参加できるのが良い点です。ただ、実際に仕事を受注するには、イベントや飲食店など、リアルな場で会うことも大事です。

【フリーランスの起業・独立後の仕事の取り方4】クラウドソーシングで探す

フリーランスとして起業・独立した際の受注方法として、よく使われるのは、クラウドソーシングです。

クラウドソーシングとは、ネット上で仕事を受発注できるシステムのこと。たとえば、次のようなクラウドソーシングのサイトがあります。

  • CrowdWorks(クラウドワークス)
  • Lancers(ランサーズ)
  • coconala(ココナラ)
  • shufti(シュフティ)
  • サグーワークス

仕事の取り方はサイトによって異なりますが、主に以下のような方法です。

  • 募集している案件に自ら応募する
  • 自分のスキルや実績を見て個別にスカウトが来る
  • 自分で価格を自由に設定して出品する

登録は無料なので、まずはログインして、案件を探してみるのが良いでしょう。

【フリーランスの起業・独立後の仕事の取り方5】Web・ブログ・SNSで受注する

Webサイト・ブログ・SNS上で受注するのも、営業方法の1つ。クラウドソーシングを介さずに、直接契約する方法です。

Web上で受注する場合、ブログやSNSに、以下の内容を載せましょう。

  • プロフィール
  • 強み・アピールポイント
  • 仕事の実績・ポートフォリオ
  • 受注金額・単価
  • 仕事の依頼方法
  • 問い合わせフォーム

上記の内容を見て、問い合わせが来ることもあります。Web上で受注したい場合は、仕事依頼用のページを用意しておきましょう。

フリーランスとして起業・独立する際の5つの注意点・ポイント

フリーランスとして起業・独立する際には、次の5つの注意点があります。

  1. 独立のタイミング
  2. 現在の勤務先との関係
  3. 退職手続き
  4. 失業保険の確認・手続き
  5. クレジットカードの作成

それぞれのポイントについて、以下で解説していきます。

【フリーランスの起業・独立の注意点1】独立のタイミング

フリーランスとして起業・独立する際は、タイミングが気になります。一般的には、以下のようなときに、起業・独立することが多いです。

  • 仕事を受注できる目処がついたとき
  • 現在の勤務先での仕事・案件が一段落したとき
  • 必要な資金が貯まったとき

上記は、1から順に優先順位が高いものを記載しています。

起業しても、仕事を取れなければ、生活が成り立ちません。ですので、まずは取引先や知人から、仕事の依頼を見込めるようになったら、独立に踏み出すタイミングです。

受注を見込める状態になっても、勤め先での仕事が中途半端になるために、辞められない場合もあります。そのときは、プロジェクトや案件が終了したタイミングで独立しましょう。

また、本来であれば、受注できる目処がついた状態での起業が望ましいですが、その前に独立する場合もあります。そのときは、必要資金が貯まったら起業するというのが、1つの目安です。

【フリーランスの起業・独立の注意点2】現在の勤務先との関係

フリーランスとして起業・独立するなら、現在の勤め先との関係についても注意しましょう。

本記事内の「仕事の取り方・営業方法」でも解説したとおり、今の勤務先や取引先から、仕事を受注できる可能性もあります。直接受注をしない場合でも、今後、案件を紹介してもらえるかもしれません。

具体的には、以下のことをしっかり行えば、退職によって関係が悪くなることはないでしょう。

  1. 退職願・退職届の提出
  2. 業務の引き継ぎ
  3. 備品等の返却
  4. 退職時の挨拶

同じ業種で独立する場合、関係が悪いとやりづらくなってしまいます。できるだけ波風を立てずに退職しましょう。

【フリーランスの起業・独立の注意点3】退職手続き

フリーランスとして起業・独立するためには、会社の退職手続きが必要です。退職時に行う手続きは、主に次の3つ。

  • 退職届の提出
  • 国民健康保険の手続き
  • 国民年金の手続き

退職届の提出

退職届は、就業規則等で決められた期間(一般的には1~2か月前)に提出しましょう。民法上は2週間前の提出で大丈夫ですが、特別な理由がなければ、規則に沿って提出するのが無難です。

書式については、法律上の定めはありません。社内で決められたフォーマットがある場合は、それに従いましょう。

国民健康保険の手続き

会社を退職すると、国民健康保険への切り替え手続きが必要です。

下記の必要なものを市役所等へ持参すると、すぐに切り替えできます。忘れずに手続きしましょう。

  • 手続きの期限:退職後14日以内
  • 手続き場所:市役所や区役所
  • 手続きの際に必要なもの:離職票・社会保険資格喪失証明書

国民年金の手続き

退職後は、厚生年金(または共済年金)から国民年金への切り替えも必要です。以下の物を持参して、手続きを行いましょう。

  • 手続きの期限:退職後14日以内
  • 手続き場所:市役所や区役所
  • 手続きの際に必要なもの:年金手帳・離職票・社会保険資格喪失証明書

退職時の状況により、手続きが異なる場合もあります。詳しくは、日本年金機構のホームページにて確認が可能です。

参考元:日本年金機構|会社を退職した時の国民年金の手続き
https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/kanyu/20140710-03.html

【フリーランスの起業・独立の注意点4】失業保険の確認・手続き

現在の勤務先を退職する場合は、失業保険(失業手当)の条件を確認しておきましょう。基本的に、退職してすぐに開業すると、失業保険はもらえません。

また、以下の条件により、もらえる金額や期間・支給開始時期が変わります。

  • 失業保険をかけている期間
  • 年齢
  • 退職理由(自己都合or会社都合)

自己都合退職の場合は、給付制限というルールにより、3か月間は失業保険が支給されません。そのため、ある程度の生活費の貯蓄が必要になります。

【フリーランスの起業・独立の注意点5】クレジットカードの作成

クレジットカードは、会社を退職する前に作成しておきましょう。

カード発行時には、勤務先や所得の審査があるためです。退職直後は、クレジットカードを作れないことが多くなります。

しかし、本記事内の「起業・独立に必要なもの」にも記載したとおり、お金は必要です。開業資金や、独立後の生活費など。

現金が足りない場合に、クレジットカードで一時的にしのぐのは、選択肢として有効です。また、受注から入金までが長く、資金がショートする場合にも、カードがあると助かります。

フリーランスとして起業・独立する開業手続き

フリーランスとして起業・独立する開業手続き

フリーランスとして起業・独立するには、開業手続きも必要です。

起業する際の手続きは、大分類として、次の2つに分かれます。

  • 個人事業主の開業手続き(開業届)
  • 法人の開業手続き(会社設立登記)

それぞれについて、以下で説明していきます。

【フリーランスの起業・独立の開業手続き1】個人事業主(開業届)

個人事業主の手続きは、それほど複雑ではありません。次の4つの手順で、開業手続きができます。

  1. 開業届の作成
  2. 開業届の提出
  3. 青色申告承認申請書の作成
  4. 青色申告承認申請書の提出

法律上、開業届は、独立後1か月以内に提出が必要です。

青色申告承認申請書の提出期限は、開業日から2か月以内。開業届と青色申告承認申請書を同時に提出しても構いません。

提出先は、仕事場(事業所)のある地域を管轄する税務署です。

開業届や青色申告承認申請書の書式は、国税庁のホームページからダウンロードが可能です。また、書き方も記載されています。

参考元:国税庁|[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm

参考元:国税庁|[手続名]所得税の青色申告承認申請手続
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/09.htm

【フリーランスの起業・独立の開業手続き2】法人(会社設立登記)

法人の手続きは、個人事業主の開業届と比べると、やるべきことも多く大変です。法人の手続きは、以下の手順で行います。

  1. 印鑑の作成
  2. 定款の作成
  3. 定款の認証
  4. 会社設立登記
  5. その他(年金・健康保険等)

定款とは、その法人を運営する上で基本となる、規則やルールです。作成した定款は、公証役場で認証を受ける必要があります。

定款の認証後、会社設立登記を行いましょう。手続きをする場所は、仕事場(事業所)のある地域を管轄する法務局です。

定款の作成や会社設立登記は、本人以外でも可能。手続きが難しい場合は、司法書士や行政書士等へ依頼して、登記まで行ってもらうと安心です。

まとめ:フリーランスとして起業・独立を失敗しないためには

フリーランスとして起業・独立を失敗しないためには、主に以下の3つが重要です。

  • 仕事のスキル・実力
  • 資金
  • 営業力・コミュニケーション能力

各項目の詳細は、本記事で解説したとおり。営業力・コミュニケーション能力があれば、以下のことが可能です。

  • 仕事の受注
  • 現在の勤務先との関係維持
  • 独立後の仕事に必要な人間関係の構築
  • 資金援助・資金調達

営業力により仕事を受注できれば、資金の心配も少なくなります。

ただし、資金面においては、売上確保や資金調達の他に、経費削減も重要です。特に、独立当初は固定費を上げないように、下記の点に注意が必要。

  • 自宅で開業可能なら事務所を借りない
  • 必要以上の人員を雇わない

また、営業力で取った仕事をやり遂げるためには、実力があることが大前提となります。起業前に、スキルを身につけておきましょう。

関連記事

  1. 未経験からフリーランスになるための方法と手順・仕事の取り方

    フリーランスとして起業&独立するには

    未経験からフリーランスになるための方法と手順・仕事の取り方

    この記事は、次のような方におすすめです。 未経験からフリーランス…

  2. 【フリーランスになるか悩んでいる方へ】不安を解決して起業・独立しよう
  3. 【知らなきゃ損!】フリーランスが知っておきたい独禁法や秘密契約保持を徹底解説!
  4. 職業別・フリーランスとして独立する方法!ライター・エンジニアなど職種ごとに紹介

最近の記事

  1. フリーランスに役立つ最新ツール、ガジェット
  2. フリーランスの案件の探し方・断り方
  3. フリーランスエージェントの効果的な活用方法とおすすめエージェ…
  4. 営業・集客・案件獲得など、フリーランスのマーケティングについ…
  5. フリーランスの勉強法
  1. 【フリーランスになる前に】フリーランスのメリットとデメリットを徹底解剖!

    フリーランスとは

    【フリーランスになる前に】フリーランスのメリットとデメリットを徹底解剖!
  2. フリーランスの勉強法

    フリーランスの勉強法

    フリーランスの勉強法
  3. 【知らなきゃ損!】フリーランスが知っておきたい独禁法や秘密契約保持を徹底解説!

    フリーランスが知っておくべき法知識~よくあるとトラブルとその対処法~

    【知らなきゃ損!】フリーランスが知っておきたい独禁法や秘密契約保持を徹底解説!
  4. フリーランスの働き方

    フリーランスとは

    フリーランスの働き方
  5. フリーランスからの転職と再就職

    フリーランスの働き方

    フリーランスからの転職と再就職
PAGE TOP